非科学的な現代科学論

それっぽいブログタイトル。意味はない。

「革命は、時間が掛かるからこそ革命なのである」-林檎評論家に寄せて-

著・H ZETT M


このニュースは、一行(タイトルのみ配信)速報です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近の林檎は、真新しいものを出さない、と。iPhoneを発表した時のような「革命」がない、と。

 

革命は、数々の試作品や実験の上にある。それは数十年に一回起こるからこそ革命なのであり、毎年毎年革新的なものを出していたら、それは革命ではないのである。

最近の林檎は、細かいところを詰めることに専念しているのは確かだ。しかし其れを考慮せずに、只管革命を求めるのだろうか。そんなものはベンチャーにでもやらせておけばいいだろう。

例えばiPad Pro。Apple Pencilを搭載して細かな書き込みを行えるようにしたが、それだけでは液タブと同じである。しかしiPadProは、視差がほとんどない。「紙にペンで書いてるような感覚」、めちゃくちゃシンプルな感想だが、そう評されるのはこの為だ。地味な追求かも知れないが、しかし使用者の感覚の向上は果たしている。

例えばAirPods。林檎信者になり、林檎税を払えば、デバイスとイヤホンのペアリングは一瞬、他デバイスへのペアリング変更も一瞬、デバイスの画面表示をじっと見つめる時間は不要。(あと公式には全く書いてないが、水中に入れても音楽を再生できる程度の防水能力もあるらしい)

「音質よりも、ワイヤレスと+αの利便さを追求する」という林檎の戦略は大成功、アメリカでは、AirPodsはシェア一位を獲得したという。日本でも「耳からうどん」等と揶揄する人は大分減り、寧ろかっこいいと思ってる人間も居るらしい。

 

今の林檎が売れているのは、革命ではなく、その細かさの追求の所為だと思っている。

 

 

 

 

それでも私は、Xperia

 

 

この文章、読みずら!(はなまる)

 

 

        ーーー著・津島善子